断食で酵素ドリンクのおすすめは「優光泉酵素」以外にあり得ない

断食をする時に酵素ドリンクを飲むなら、おすすめは優光泉酵素です。逆に言えば、優光泉酵素以外の酵素ドリンクは飲む意味がありません。

というより、飲むとかえってダイエットの成功率を下げてしまいます。

断食中の酵素ならおすすめは優光泉酵素のみ

断食中に飲む酵素でおすすめが何かと言えば、優光泉酵素以外には考えられません。なぜなら、他の酵素と優光泉酵素の間の品質差があまりにも大きいからです。

まず、なぜ断食中に酵素を補う必要があるのかと言えば、断食中は食事から酵素を補えないため、酵素不足に陥るからです。

酵素不足になると何が問題になるのかと言えば、

1.基礎代謝が低下する
2.肌の調子が悪くなる

この2点です。

体内酵素はエネルギー代謝に深く関わる他、肌のターンオーバーにも関わっています。

酵素は食事をすれば補えますが、断食中は食事をしないので酵素を補えず、体内酵素量が減ってしまいます。

体内酵素が減れば基礎代謝が低下し、肌の調子も悪くなります。

あなたも過去に断食か食事制限をした経験があれば、「痩せにくい体質になった」「肌がカサカサになってきた」といった経験があったはずです。

これは、食事を制限することによる酵素の摂取不足が大きな原因です。

食事で補えない分の酵素を酵素ドリンクで補えば、基礎代謝と肌の調子を改善させながらダイエットを行うことが可能になります。

断食中の酵素でおすすめが「優光泉酵素」である理由は、酵素ドリンクの中で酵素量が一番多いのが優光泉酵素だからです。

優光泉酵素以外の酵素ドリンクはジュースと同じ

優光泉酵素とそれ以外の酵素ドリンクの違いを一言でいえば、酵素原液100%(優光泉酵素)であるかそうでない(他の酵素ドリンク)か、です。

市販の酵素ドリンクは製造コストを下げるため、口当たりをよくするために、酵素原液に砂糖と香料と水を入れて薄めています。

酵素原液が10%ほどしか入っていない(90%が砂糖と水)、ジュースとほとんど変わらない酵素ドリンクも多いです。

確かにジュース系酵素ドリンクは価格が安くて口当たりが良い製品も多いですが、中身の栄養価はほぼジュースと同じなので酵素はほとんど補えません。

酵素を補えないだけならまだ良いですが、「多量の砂糖が入っている」という点も、ダイエットと健康においてはかなりのマイナス要素です。

実は砂糖には食欲増進作用があるので、ジュース系酵素ドリンクを飲んで砂糖を摂取することにより、空腹感が助長されてダイエットの成功を妨げてしまうのです。

酵素ドリンクには3つの種類がある

酵素ドリンクには「酵素原液100%で無添加のもの(優光泉酵素)」「酵素原液100%に砂糖を添加したもの」「砂糖と水が主体のジュース系酵素ドリンク」の3種類があります。

酵素原液100%(優光泉酵素)とジュース系酵素ドリンクは前述の通りですが、「酵素原液100%に砂糖を添加した酵素ドリンク」にもジュース系と同様の欠点があります。

酵素ドリンクを飲む際に多量の砂糖を摂取してしまうので、(食欲増進作用のせいで)ダイエットの成功率を明らかに低下させてしまいます

また、糖尿病のリスクを高めるなど健康上の問題も生じます。

断食で酵素ドリンクを飲むなら、「酵素原液100%で無添加のもの(優光泉酵素)」以外は有益な効果よりもデメリットの方が大きいわけです。

酵素サプリはおすすめできない?

断食中に酵素サプリを飲むという考え方もありますが、酵素サプリは酵素の含有量が少ないので酵素はほとんど補えません。

酵素サプリの酵素量は、ジュース系酵素ドリンクよりも少ないと思われます。

また、酵素原液100%の酵素ドリンクには、酵素以外にもダイエットおよび健康に有益な成分が含まれています。

しかし、酵素サプリにはこの成分が含まれていません。

酵素原液100%の酵素ドリンクがおすすめな理由

酵素原液100%の酵素ドリンクのメリットは酵素を多量に補えることですが、それ以外にも酵素原液100%をおすすめする理由があります。

それは、酵素原液に多量に含まれる「短鎖脂肪酸」という成分です。

短鎖脂肪酸とは、原料を酵素に変化させる発酵の過程で生成される成分です。よって、酵素原液100%の酵素ドリンクには、短鎖脂肪酸が多量に含まれています。

短鎖脂肪酸の効果は、エネルギー代謝を上げることです。

だから、酵素原液100%の酵素ドリンクを飲むと多量の酵素と短鎖脂肪酸を補えるので、エネルギー代謝を上げる効果が大きいのです。