酵素ドリンクで無添加・無農薬の安いコスパ最高はコレ

酵素ドリンクの中でも、無添加で無農薬、そして一番安いうえ効果が高い「安全でコスパ最高」の酵素ドリンクは優光泉酵素です。

妊娠中や授乳中に酵素ドリンクを飲むなら、「無添加・無農薬であるか」は自分の健康だけでなく、赤ちゃんの健康にも影響するとても重要な要素です。

また、わざわざコストをかけて酵素ドリンクを飲むのなら、コスパ最高で効果が高い酵素ドリンクを選ばなければ損をします。

酵素ドリンクで無添加・無農薬なら優光泉酵素

酵素ドリンクが無添加であること、無農薬であることは重要です。特に、妊娠中や授乳中に飲む酵素ドリンクは無添加・無農薬でなければなりません。

優光泉酵素は完全無添加(保存料、香料、着色料、糖類の一切が無添加)で無農薬(残留農薬は検出されず)の安全・安心な酵素ドリンクです。

無添加・無農薬の重要性

酵素ドリンクの大半は無添加ではありません。たいていの製品は保存料などの添加物が加えられており、優光泉酵素などごく一部の酵素ドリンクのみ無添加です。

また、無農薬の酵素ドリンクも、優光泉酵素のようなごく一部のみです。

実は、日本は奇形児の発生率が世界第2位だそうです。

添加物は法律で認可されている成分だから安全だとされています。しかし、海外で不認可なのに日本では認可されている添加物の数も多いです。

農薬に関しても、安全性を考慮すれば無農薬がいいに決まっています。

赤ちゃんの健康に密接に関わる妊娠中と授乳中だけでも、無添加・無農薬を意識したいものです。

糖類無添加の酵素ドリンクはダイエット効果が高い

酵素ドリンクは糖類無添加のものでないと、ダイエット効果を期待できません。糖類の添加の有無が、酵素ドリンクのダイエット効果に強く関わる要素だからです。

糖類といっても、人工甘味料と砂糖のような自然の糖類があります。

人工甘味料は低カロリーで甘みがあるので太りにくいとされていますが、人工甘味料の摂取には食欲増進作用があります。

(人工甘味料それ自体は低カロリーでも、人工甘味料の副作用で間食の衝動が抑えられなくなって太る。)

また、他の添加物と同様に発がん性・奇形児の発生率などにも関わっています。

砂糖のような糖類の摂取も、精神の不安定や食欲増進に作用します。現代人の「キレやすさ」は、缶ジュースなどから糖類を多量摂取することが原因とされています。

糖類を取りすぎると、ダイエット中のイライラが抑えられなかったり、食欲を抑えられずに間食をしてしまったりとマイナスに作用するのです。

この点、優光泉酵素は糖類無添加です。

酵素ドリンクは「安い=コスパが良い」とは限らない

酵素ドリンクは安いほどコスパが良いとは言えません。価格が安い酵素ドリンクでも効果がないなら飲む意味がない(=コスパが悪い)と言えます。

酵素ドリンクの効果(ダイエット・健康効果)は、酵素原液の部分にあります。「酵素原液=酵素そのもの」です。

しかし、コストカット及び飲みやすさの追求から、酵素原液に糖類(砂糖、黒砂糖、人工甘味料など)を加え、水でかさ増しされた酵素ドリンクが市販のものでは主流です。

こういった酵素原液の割合が低い(糖類と水でかさ増しされた)酵素ドリンクは、飲んでも効果をほとんど実感できません。

酵素ドリンクというより、実質的にジュースを飲んでいるのと変わらないからです。

要するに、市販で主流のジュース系酵素ドリンク(酵素原液10~40%)と比べて、優光泉酵素(酵素原液100%)は酵素が数倍濃い(2.5~10倍)から効果が高いわけです。